FOLLOW US

マンU指揮官、エヴァートン撃破に満足感…2得点のブルーノは「最高だった」

オーレ・グンナー・スールシャール監督がエヴァートン戦を振り返った [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がエヴァートン戦を振り返った。7日、マンチェスター・Uの公式サイトが伝えている。

 マンチェスター・Uは7日、プレミアリーグ第8節でエヴァートンとアウェイで対戦。19分にブラジル人MFベルナルジの得点でエヴァートンに先制を許す展開となったが、25分と32分にポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、後半アディショナルタイム5分にはウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが追加点を決め、3-1で勝利した。

 スールシャール監督はチームのパフォーマンスに満足感を示し、以下のようにコメントしている。

「この決定力、マインドセット、アプローチを毎試合発揮することができれば、我々は非常に難しい対戦相手となるだろう。スコットとフレッドが中盤で体を張って奮闘してくれた。我々はコンパクトにプレーし、ボールを奪い、スペースを確保した。それが、我々が望むやり方だ。だから非常に満足しているよ。選手たちが見せてくれた姿勢については、いくら褒めても褒め足りない」

 また、この試合で2得点をあげたブルーノ・フェルナンデスについては以下のように称賛している。

「ブルーノは最高だった。本当に最高だった。素晴らしいよ。チームを引っ張るのはもちろんだが、彼はピッチ上のどこにいても、ボールを受ける意欲と決断力がある。時々、彼がいるべきところにいないことだってあるが、このようにチームを動かしてくれる選手がいることは、もちろん、とても幸せなことだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO