FOLLOW US

世界反ドーピング機関がサコーに謝罪と補償金の支払いへ…16年に不当な処分

クリスタル・パレスのサコー [写真]=Getty Images

 世界アンチ・ドーピング機関(WADA)は4日、名誉毀損で裁判を起こしていたクリスタル・パレスのフランス代表DFママドゥ・サコーの主張を認め、謝罪と補償金の支払いで合意した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 サコーはリヴァプールに在籍していた2016年4月にドーピング検査で陽性となり、UEFAから出場停止処分を受けた。しかしその際に陽性反応を示した物質は禁止リストに存在しなかったことが明らかになり出場停止は解除されていた。しかしサコーは同年のヨーロッパリーグ決勝や自国開催の欧州選手権への出場を逃す結果となってしまった。

 今回の決定を受けた同選手は「私がUEFAのドーピングルールに違反していないこと、不正行為をしていないこと、不正に利益を得る意図を持たずに誠意を持って行動したことがWADAに受け入れたことに満足している。WADAが謝罪し、多額の損害賠償を支払うことに同意してくれたことにも嬉しく思っている」とコメントしている・

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA