FOLLOW US

SNS上でC・パレスFWザハに人種差別発言…逮捕された12歳少年のその後は?

今年7月にSNS上で人種差別被害を受けた、C・パレスのザハ [写真]=Getty Images

 クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハに対して、今年7月にSNS上で人種差別発言をして逮捕された12歳の少年について、9日にイギリスメディア『インデペンデント』が続報を報じている。

 ザハは、7月12日に行われたプレミアリーグ第35節アストン・ヴィラ戦の前に、SNS上で人種差別被害を受けた。警察の調べにより、ザハへの個別メッセージで差別的な発言や画像を送信していた犯人が判明。イギリス国内に住む12歳の少年が逮捕されたことで、世間から大きな注目を集めていた。

『インデペンデント』によると、少年は自らの行為を「非常に後悔している」ようであり、更生プロセスの一環として教育プログラムを受けているという。なお、この教育プログラムは平等、多様性、差別、容認できない行動とは何かということについて、より深く理解できる内容になっているという。

 サッカー界から、一日も早く人種差別がなくなることを願うばかりだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA