FOLLOW US

ウォルコット、約15年ぶりのサウサンプトン復帰決定!「たぶん泣くだろう」

ウォルコットがサウサンプトン復帰 [写真]=Getty Images

 サウサンプトンは5日、エヴァートンから元イングランド代表FWセオ・ウォルコットを獲得したことを発表した。契約は1シーズンのレンタル移籍で、約15年ぶりの復帰となった。

 現在31歳のウォルコットはサウサンプトンの下部組織出身で、2005年8月にクラブ史上最年少の16歳143日でトップデビューを飾った。2006年1月にアーセナルに移籍し、12年間で公式戦397試合出場、108ゴールをマーク。2018年1月にはエヴァートンに移籍し、公式戦85試合出場で11ゴールを挙げていた。

 同選手はクラブ公式サイトを通じて、「他のクラブからもいくつか選択肢があったが、サウサンプトンがオファーをくれたときにすぐ決めた。僕の一部であり、今のような選手にしてくれたクラブだ。僕の心の中にある」とコメントした。

「最初にプレーするとき、たぶん泣くだろうね。とても多くのことを意味するから。この移籍を現実させてくれた全ての人たちに感謝しきれない。正直、本当にうれしいです。(ラルフ・ハーゼンヒュットル)監督や若い選手たちとプレーできるチャンスを得られたので、僕は正しい選択をしたと思っている」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA