FOLLOW US

ウルヴス、主将コーディと5年間の契約延長「新契約は本当に信じられない」

コーディ―が契約を延長した [写真]=Getty Images

 ウルヴァーハンプトンは9月30日、主将を務めるイングランド代表DFコナー・コーディと2025年まで契約を延長したと発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 現在27歳のコーディはリヴァプールのユースチーム出身。トップチームに昇格したものの出場機会を得られずシェフィールド・Uへのレンタルを経て2014年にハダースフィールドに加入した。翌年7月にウルヴァーハンプトンに入団したコーディはディフェンスリーダーとして同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。2018年に昇格して以降、リーグ戦全試合(79試合)、ヨーロッパリーグ全試合(11試合)でフル出場を果たしている。

 コーディは契約延長に際し次のようにコメント。喜びを語った。

「正直に言って、信じられないような日だ。このクラブが何年にもわたって僕に与えてくれたものを考えると、ここは僕の家のようだ。このクラブで毎日プレーできることを光栄に思っている。新契約は本当に信じられないね」

「このクラブには感謝の気持ちしかないよ。この5年間、クラブはしんじられないくらい僕のために尽力してくれた。プレーの仕方など、多くのことを経験してきたし、このクラブでこのような瞬間を経験できたことは、特別なことだよ」

「僕たちは皆、このクラブの一員であることを幸運に思っている。この3年間のクラブの活動は驚くべきものだった。それはもちろん監督とスタッフ、そして選手たちの仕事のたまものだよ。僕は幸運にもその一員になれたし、毎日チームメイトを助け、チームが前進するのを助けている。それが僕の望みだ。クラブの野心は素晴らしく、それに報いないとね」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA