FOLLOW US

マンU、カンテ獲得に関心か…移籍に向けてアドバイザーに問い合わせ

マンチェスター・Uはカンテの動向を注視している [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uチェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得に関心を示している。27日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 カンテは2016年にレスターからチェルシーへと加入。同選手は世界有数のボランチとして活躍を繰り返し、以前からレアル・マドリードなどのビッグクラブから注目を集めている。

 しかし、同紙によるとチェルシーは今夏の移籍市場でカンテの売却に応じるようだ。同クラブを率いるフランク・ランパード監督は現在、大型補強を実行中でチーム内でのカンテの重要性が薄れているとの認識だという。

 これを受け、マンチェスター・Uが同選手の獲得に向けて動き出す模様だ。同クラブはカンテのアドバイザーに問い合わせて、移籍の交渉を持ちかけるという。果たしてカンテの加入で、マンチェスター・Uは再びプレミアリーグの優勝争いに絡むことができるのであろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA