FOLLOW US

ジルー、新シーズンのポジション争いに意欲「誰もが1番になり得る」

チェルシーでの3シーズン目を迎えるジルー [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、2020-21シーズンへの意気込みを示した。6日、フランスメディア『Téléfoot』が伝えた。

 現在33歳のジルーは、2018年1月にアーセナルから加入。フランク・ランパード監督体制の初年度となった昨シーズンは、シーズン中盤までほとんど出場機会を得られなかったが、2月17日に行われたプレミアリーグ第26節マンチェスター・U戦以降はリーグ戦全試合に出場。その間、リーグ戦で8ゴールを挙げるなど、自身の価値を証明した。

 新シーズンのチェルシーは、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーら攻撃的ポジションの選手が多数加入。ジルーは再びし烈なスタメン争いに臨むことになるが、ベテランストライカーは定位置獲得への自信をうかがわせている。

「僕はここにいる。シーズンを良い形で終え、頼りになる存在だと監督に証明した。ヴェルナーと僕のスタイルは異なるので、僕にもプレー時間が与えられると思っているよ。ランパードとはまだ話をしていないけど、1つ確かなことがある。それは、競争の結果次第では、誰もがファーストチョイスになる可能性がある、ということだ。それに、偉大なクラブは、ポジションごとに異なる選択肢を用意する必要もある」

 2020-21シーズンのプレミアリーグは、ついに来週開幕。チェルシーは14日にアウェイでブライトンと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO