FOLLOW US

クロップ監督、南野拓実の移籍後初得点は「非常に重要なゴールだった」

ユルゲン・クロップ監督が南野拓実の移籍後初得点にコメントした  [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がコミュニティシールドのアーセナル戦で移籍後初得点を決めた日本代表FW南野拓実にコメントした。29日、クラブ公式サイトが伝えている。

 リヴァプールは29日、プレミアリーグ王者としてFAカップ王者のアーセナルと対戦した。南野は59分から途中出場を果たし、73分に同点ゴールを挙げ、2020年1月にリヴァプールに加入して以来、初得点を記録した。チームはPK戦の末に敗れたが、クロップ監督は南野の初得点について以下のようにコメントしている。

「彼にとっても、我々にとっても大きな出来事だ。彼がチームに加入して以来、唯一欠けていたものがゴールだった。彼はこれまでゴールを決められなかったが、多くの場面で状況を把握していたし、あと一歩という瞬間はたくさんあった。それはもちろん助けになっていた」

「彼の調子は明らかに良い。彼の今のレベル、特にプレシーズンでのパフォーマンスを見れば、ゴールを決めるのは当然のことだ。彼のゴールは私もとてもうれしいよ。試合において我々にとっても非常に重要なゴールだったし、彼にとっても、この第一歩を踏み出すことがとても重要だった」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO