FOLLOW US

ネイマール、マネ、カンテなど…V・ハール氏、マンU時代に獲得を希望した選手を明かす

2020.08.25

マンU時代のV・ハール監督(写真右) [写真]=Getty Images

 オランダ人指揮官ルイス・ファン・ハールが、自身の過去について語った。25日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2014年から2016年にかけてマンチェスター・Uの監督を務めたV・ハールは、2シーズンでFAカップのトロフィーを1度獲得したものの、リーグ戦の成績は4位と5位。当時はFWアントニー・マルシャルやFWメンフィス・デパイ、FWアンヘル・ディ・マリアなどといった選手を獲得したが、プレミアリーグのタイトルには及ばなかった。

 取材に応じたV・ハールは、マンチェスターでの当時について言及。同氏はどうやら、他の選手の獲得を望んでいたようだ。

「私はロベルト・レヴァンドフスキを望んでいたが、それは困難だと分かった。そして代わりにゴンサロ・イグアインを獲得しようとした。監督に着任する以前には、ネイマールの名も役員会には出した。ユナイテッドというクラブならば、大きな目標を掲げる必要があると思っていたからね」

「その他にもサディオ・マネリヤド・マフレズも獲得候補だった。トーマス・ミュラーも私の希望リストに入っていたし、中盤にはエンゴロ・カンテが欲しかった」

「ディフェンスではセルヒオ・ラモスマッツ・フンメルスを求めていた。彼らは私のトップターゲットだったが、結局獲得できなかった。私は監督として交渉に関与していなかったから、その原因は分からない」

 そして同氏は、マンチェスター・Uが獲得を逃した選手たちが、のちに他のクラブへ移籍したことが気になっていたようだ。

「ただ、私がクラブを去った後にマフレズはマンチェスター・Cへ、カンテはチェルシーへ移籍した。ユナイテッドは叶えられなかったが、ライバルたちは獲得した。私はそれが非常に奇妙なことに感じられたね」

 なお、現在69歳のV・ハールは2015年3月に監督業から退く意向を示し、現在に至っている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO