FOLLOW US

うっかり? サネがハフェルツの去就について注目発言「チェルシーはいい取引をした」

(左)サネが(右)ハフェルツの去就に言及した [写真]=Getty Images

 バイエルンに加入したドイツ代表FWレロイ・サネが、レヴァークーゼンの同代表MFカイ・ハフェルツの去就について注目の発言をした。23日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在21歳のハフェルツは2010年からレヴァークーゼンの下部組織に所属し、2016年10月にトップチームデビュー。在籍4年で公式戦148試合に出場し、通算45ゴール31アシストを記録している。

 今シーズンのレヴァークーゼンが5位に終わり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで、ハフェルツは今夏の移籍が噂されている。一部報道では、すでにチェルシーが同選手と口頭で個人合意に至ったことが報じられており、今後の動向に注目が集まっている。

 そんな中、ドイツ出身選手がなぜプレミアリーグから注目されているのかと聞かれたサネは、「ブンデスリーガでは多くの若手選手たちが出場機会を得て、成長することができている。この1年でティモ・ヴェルナーカイ・ハフェルツの2人がプレミアリーグに移籍する。チェルシーはいい取引をしたと思うよ。ドイツでは才能を持った選手をうまく成長させることができている。サッカー界がそれを知っている。外国のクラブが興味を持つことは理解できることだ」とコメント。すでにチェルシー加入が決定しているヴェルナーに加えて、ハフェルツも同クラブに移籍することを示唆した。

 すでにブンデスリーガは終了しているが、レヴァークーゼンは8月6日に行われるヨーロッパリーグのレンジャーズ戦のために23日から練習を再開した。ハフェルツも合流したようだが、チェルシー移籍を望んでいることに変わりはないという。果たして、サネの発言通りにハフェルツはチェルシーに加入することになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA