FOLLOW US

クロップ監督、プレミア制覇に歓喜「ウイルスが無くなったら皆で祝おう!」

30年ぶりのリーグ制覇へと導いたクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグを制覇した喜びを語った。

 リヴァプールは今シーズンのプレミアリーグで開幕8連勝を飾るなど、首位を独走。新型コロナウイルスの影響で中断もあったが、6月25日に行われた第31節で2位マンチェスター・Cチェルシーに敗れたことで、リヴァプールの30年ぶり19回目となる優勝が決まった。7試合を残してのリーグ制覇は史上最速記録となった。

 プレミアリーグ第37節が22日に行われ、王者リヴァプールチェルシーを5-3で下した。今シーズンのホーム最終戦を白星で飾ると、同試合後に優勝セレモニーを実施。30年前に優勝した当時の指揮官であるケニー・ダルグリッシュ氏からメダルを授与され、主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンがクラブ史上初となるプレミアリーグのトロフィーを掲げ、チームは喜びを爆発させた。

 優勝セレモニー後、イギリスメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じたクロップ監督は「我々はイングランドとヨーロッパ、そして世界のチャンピオンとなった。それがどのような意味かは分かっているが、これが真実だ。我々は本当に大きな4つのトロフィーを獲得した。これから次のステップへと進むチャンスであり、そうしなければならない。なぜなら他のチームはその準備ができているからね。何の保証もないが、挑戦していくしかない」と喜びを口にすると、ファンについても次のように感謝を語った。

「これが人生だ。手にできる最高のものを手にすることができた。ファンがいれば全てがより良かったが、後6カ月は不可能だと分かっている。しかし、数カ月前はこのようなこと(優勝セレモニー)もできないと思っていた。スタジアムが満員となっていたら、それ以上嬉しいことはないが、これはどうすることもできない。我々は彼らのために優勝した。皆、家で祝ってほしい。この素晴らしい瞬間をね」

「皆が優勝させてくれたんだ。本当に感謝している。我々は皆一緒に家で祝うべきだ。好きなものを飲んでね。いつになるかは分からないが、パーティの準備をしておいてくれ。このウイルスが無くなったら、皆で祝おう!」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA