FOLLOW US

22歳FWアブラハム、チェルシー史上最年少でリーグ戦15得点に到達

チェルシーに所属するアブラハム [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するイングランド代表FWタミー・アブラハムが、クラブ史上最年少でプレミアリーグ15ゴールを記録した。

 アブラハムは22日に行われたプレミアリーグ第37節のリヴァプール戦に59分から途中出場を果たすと、4-1で迎えた61分に左サイドを個人技で突破したクリスティアン・プリシッチのクロスを押し込み、2点差に迫るゴールを挙げた。試合はその後、1点差まで詰め寄ったものの、84分に追加点を許し、3-5で敗れている。

 この試合のゴールにより、アブラハムは今シーズンのプレミアリーグ33試合の出場で15ゴールに到達。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、22歳294日でのリーグ戦15ゴールは、ジエゴ・コスタ(26歳95日)、エデン・アザール(26歳108日)の記録を上回り、チェルシー史上最年少記録となった。

 また、今シーズンのチェルシーはここまでリーグ戦67ゴールを記録しているが、そのうちの26ゴール(約38.8パーセント)が22歳以下の選手によるものだという。同クラブでは22歳以下の選手による得点が、2017-18シーズンは0ゴール、昨シーズンはわずか3ゴールだったことから、今シーズンは若返りに成功していることが明らかとなっている。

 現在22歳のアブラハムは、昨シーズンにレンタル先のイングランド2部アストン・ヴィラでリーグ得点ランキング2位となる25ゴールを挙げてプレミアリーグ復帰の立役者となった。今シーズンは補強禁止処分によって戦力が限られていたチェルシーの“9番”を託され、ここまで公式戦44試合の出場で17ゴール6アシストを記録している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA