FOLLOW US

王者リヴァプール、本拠地『アンフィールド』ではリーグ戦3年連続無敗に

リヴァプールの本拠地『アンフィールド』 [写真]=Getty Images

 2019-20シーズンのプレミアリーグ王者に輝いたリヴァプールが偉大な記録を打ち立てた。

 プレミアリーグ第37節が22日に行われ、王者リヴァプールは3位チェルシーをホームに迎えた。前半を3-1で折り返すと、後半もリードを守り切り、5-3で勝利。今シーズンのホーム最終戦を白星で飾った。

 この結果、今シーズンの本拠地『アンフィールド』では18勝1分けで勝ち点「55」を獲得。2005-06シーズンのチェルシー、2010-11シーズンのマンチェスター・U、2011-12シーズンのマンチェスター・Cと並んで、プレミアリーグのホーム最多勝ち点記録を達成した。

 さらに、データサイト『OPTA』によると、リヴァプールは2017-18シーズン、18-19シーズンに続いて、リーグ戦3年連続でホーム無敗を達成。最後に『アンフィールド』で敗れたのは2017年4月23日のクリスタル・パレス戦(1-2)となっている。

 また、チェルシー戦の4得点目を挙げたブラジル代表FWロベルト・フィルミーノはこれがリーグ戦9得点目となったが、意外にもこれが今シーズンの『アンフィールド』では初ゴール。2019年3月31日のトッテナム戦(2-1で勝利)で得点して以来、20試合の出場で56本のシュートを放ちながら、1591分間ホームでは無得点だったが、479日ぶりの待望の得点となった。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA