FOLLOW US

バイエルンに移籍したサネ、マンC時代の恩師グアルディオラに感謝のコメント

グアルディオラ監督について語ったサネ [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表FWレロイ・サネが、マンチェスター・Cで指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督についてコメントした。イギリスメディア『スカイスポーツ』がドイツ『ビルト』を引用し伝えている。

 サネは2016年にシャルケからマンチェスター・Cへ完全移籍。加入以来、今月3日にバイエルンへ移籍するまでジョゼップ・グアルディオラ監督のもとで活躍した。今シーズンは開幕前に右ヒザのじん帯を損傷して長期離脱となり11分の出場にとどまっていたが、昨シーズンはプレミアリーグで31試合10得点の成績を残した。

 サネは指導を受けたグアルディオラ監督について次のようにコメントし、称賛している。

「僕たちの関係は良い。どちらかが相手にうんざりしたことは一度もなかったよ。彼が始動してくれたすべてのことに感謝している。ペップ・グアルディオラのおかげで、僕は非常に高いレベルに到達することができた。彼は非常にこまやかで、毎日選手の成長を助けようとしている。戦術に関しては根気強く、そしてそれが僕を引き上げてくれたんだ」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA