FOLLOW US

アルテタ監督、オーバメヤンの契約延長に自信「交渉はとても順調」

アルテタ監督はオーバメヤンの残留を望んでいる [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンとの契約延長に前向きな姿勢を見せている。22日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 オーバメヤンの現行契約は2021年6月で満了する。同選手はチームにとって欠かせないエース格となっており、クラブ側は契約延長を熱望しているが、交渉が破断してしまった場合は今夏の移籍市場で売却を図る必要が出てくる。

 クラブを率いるアルテタ監督はオーバメヤンとの交渉について次のようにコメントしている。

「具体的にいつ契約延長ができるかなどはわからない。でも交渉は着実に進んでいるし、順調だ。オーバメヤンとの話し合いは前向きで、お互いに率直な意見を言い合っている。できるだけ合意を早く発表したいと思っているよ」

 アーセナルは今シーズン、プレミアリーグでは現在10位についており、ヨーロッパリーグ圏内からも外れている。しかし、FAカップ決勝進出を決めており、優勝に向けて調整しているようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA