FOLLOW US

マティッチ、今季酷評も受けたデ・ヘアへの信頼を強調「彼は世界最高のGKの1人」

マンチェスター・Uのマティッチ(左)とデ・ヘア(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが、チームメイトのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアについて語った。15日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 デ・ヘアに対しては、6月19日のプレミアリーグ第30節トッテナム戦(1ー1)の失点に関与した際、クラブOBのロイ・キーン氏に「死ぬほど嫌気がした」と酷評されるなど、近年のパフォーマンスの低下が指摘されている。しかし取材に応じたマティッチは、デ・ヘアを依然として世界のトップ選手の1人だと信じているようだ。以下のように語った。

「私は彼(キーン)の発言を詳しくは知らないが、ダビドが世界最高のゴールキーパーの1人であることは誰もが認めざるを得ないだろう。彼はこれまで何度もチームを救ってきたし、誰にでもミスはあるものだ。彼が偉大な選手であることに、疑いの余地はないよ」

 また、マティッチはかつてのチームメイトであるチェルシーのフランク・ランパード監督についても、以下のように語った。

「2009年にチェルシーと契約した時に彼と一緒にプレーしたが、私にとってプロとして大きな手本となった。今は監督として素晴らしい仕事をしているし、彼にはベストを尽くして欲しい。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)出場権はマンチェスター・Uが獲得できることを願っているよ」

 現在プレミアリーグで、マンチェスター・Uは3位チェルシーと勝ち点差1の5位につけており、来シーズンのCL出場権争いが注目されている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO