FOLLOW US

シメオネが守護神オブラクの移籍話に理解「欲しがられるのは当然」

シメオネ(左)がオブラク(右)の移籍に関してコメント [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、移籍が噂されるスロベニア代表GKヤン・オブラクについてコメントした。15日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 先日イギリスやスペインの複数メディアは、チェルシーがアトレティコのGKオブラクの獲得を狙っていると報道。昨季クラブと2023年までの新契約にサインした守護神だが、その移籍の噂についてはシメオネ監督の耳にも入っているようだ。同指揮官は、現在4シーズンでリーガ・エスパニョーラの最優秀GKに選出されている27歳の残留を望んでいると話した。

「毎年シーズンの終わりには、我々の大事な選手たちは世界でも最も重要なクラブたちの射程にさらされるから、あまり驚きはない。我々のチームには世界最高の選手たちがいるし、他のクラブが彼らのような選手を探し求めるのは普通なことだと思う」

「昨季は何人かの選手が去ってその他は残留したが、オブラクのような選手が多くのクラブに欲しがられるのは当然だ。彼は我々のキャプテンで、ここ数年間とても重要な選手だ。アトレティコ・マドリードにとってとても重要な選手だから、一緒に居続けられることを望むよ」

 シメオネが絶対的な信頼を置くオブラクだが、その期待に応えクラブへの残留を決断するのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA