FOLLOW US

マンCが元神戸指揮官リージョ氏のコーチ就任を発表…ペップの強力な右腕に

マンチェスター・Cがコーチ就任を発表したリージョ氏 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは、アシスタントコーチとしてフアン・マヌエル・リージョ氏と契約を結んだことを発表した。9日にクラブ公式サイトで伝えている。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・Cは、プレミアリーグ再開を前に大きな変化を迎えることとなった。昨年12月にミケル・アルテタ氏がアーセナルへと去ったアシスタントコーチのポジションに、新たにリージョ氏を迎えることを決断したのだ。グアルディオラは自身の現役最後のクラブとして、当時の指揮官であったリージョ氏のもとでプレーするためにメキシコのドラドス・デ・シナロアを選んだというほど同氏を信奉しており、この上なく心強い右腕が加わったと言えそうだ。

 これまで母国スペインのクラブを中心に数多くのクラブを歴任したリージョ氏は、2018年にJリーグのヴィッセル神戸の指揮官に就任。翌年には中国の青島黄海を率い、昨シーズンは中国甲級リーグで優勝を飾ったが、母親の健康状態や新型コロナ禍の情勢を考慮した結果5日に退任していた。54歳となったスペイン人コーチだが、プレミアリーグへの挑戦は初めてとなる。

「マンチェスター・Cのコーチングスタッフに加わることができてとても嬉しいよ」

「私とペップの関係は何年も前に遡るし、彼とともにこの素晴らしいチームの一員となれることにワクワクしている」

「マンチェスター・Cはここ数シーズンで多くの成功を果たし、このクラブや指揮官から期待されるような美しいフットボールを見せている」

「このグループの一員になれるのは大きな喜びだし、今後のクラブの成功に向け重要な貢献を果たしたいと思っている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO