FOLLOW US

“三度目”の愚行? トッテナムDFがSNSに散髪写真投稿も「新型コロナ防止策を無視?」の声

新型コロナ防止策を軽視した可能性がある、トッテナムのオーリエ [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエが、散髪した様子を自身のインスタグラムに投稿。しかし、これが新型コロナウイルス感染拡大防止のための政府ガイドラインを無視した行為ではないかと話題になっている。20日に、イギリス紙『ザ・サン』が報じた。

 今回のオーリエの投稿が大きく騒がれるのには、理由がある。コートジボワール代表DFは4月、チームメイトのフランス代表MFムサ・シソコと公園で合同トレーニングを行った。しかし、これは新型コロナウイルス感染拡大防止を図る政府ガイドラインに違反した行為だった。だが、オーリエは後日、再びソーシャルディスタンス(社会的距離)を守らない状態で合同練習を行っていたことが発覚。クラブが声明を発表し、選手たちに注意を促す事態に発展している。

 そして19日夜、オーリエはインスタグラムに3枚の写真を投稿。チームメイトのコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスのユニフォームを着たオーリエは、美容師に散髪してもらったことを公表した。投稿では、側頭部に綺麗に剃り込まれたラインアートを紹介しつつ「美容師さん、いいね!」とキャプションが添えられていた。

 だが、ソーシャルディスタンスが近いことで知られる散髪行為を行ったこと、さらに散髪したと思われる美容師がオーリエの真後ろに立っていることもあり「また政府ガイドラインを破ったのでは?」と批判の声が噴出しているようだ。

 初めての過ちならまだしも、“三度目”の愚行となれば、オーリエに何らかの処分が下る可能性もある。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA