FOLLOW US

あの超大物俳優を引き合いに…ニャブリが元同僚を絶賛「とてもフレンドリーな…」

アーセナル時代の同僚だったメルテザッカー(左)とニャブリ(右) [写真]=Getty Images

 ドイツ代表FWセルジュ・ニャブリは、アーセナル時代の同僚だった元ドイツ代表DFペア・メルテザッカー氏の絶大な影響力について語った。16日、イギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 2012年にアーセナルのトップチームでデビューを飾ったニャブリは、その後複数クラブへのレンタル移籍を経てバイエルンに移籍。今季は全コンペティション合わせてすでに18ゴールを記録するなど、ドイツを代表するアタッカーへと成長を遂げている。しかし24歳となったドリブラーにとって、アーセナル時代に共闘した同胞のメルテザッカー氏の影響は絶大なものだったようだ。

「彼は僕に対していつもとても厳しかった。でも、とても良い意味でね。僕のとってのアーセナルでの兄貴のような存在だった。ペアは世界で最も素晴らしい男だ。でも同時に、世界で最もドイツ人らしい男でもある」

「彼の言うすべてのことはとても真剣だ。とても背が高く威嚇するように見下ろしてくることもあるが、友好的でもある」

「僕はそれを表す英単語があるのか知らない。でも、とてもフレンドリーなアーノルド・シュワルツェネッガーか誰かを想像してみてくれ。それがペアなんだ」

「トレーニングでどんなプレーをしようとも、終わった後には僕のもとに来て叫ぶんだ。『セルジュ、お前はどこから来たのか思い出せ!シュツットガルト出身だろ!謙虚、謙虚、謙虚だ!セルジュ、今お前は自分を良い選手だと思っているんじゃないか?謙遜しなければだめだ!謙虚に!』という感じにね」

 その存在感の大きさと人間性のすばらしさを、超大物俳優に例えて絶賛したニャブリ。今のバイエルンでの活躍は、メルテザッカーからの徹底した教えの賜物に違いない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA