FOLLOW US

バルサ移籍報道も…モウリーニョの期待を受け、エンドンベレは残留濃厚か

移籍が噂されているエンドンベレ [写真]=Getty Images

 トッテナムは、バルセロナなどへの移籍が取りざたされるフランス代表MFタンギ・エンドンベレの慰留に動くようだ。12日、イギリス紙『インデペンデント』が報じている。

 昨夏リヨンからクラブ史上最高額の移籍金となる5500万ポンド(約72億円)でトッテナムに加入したエンドンベレ。大きな期待を背負ってイングランドに上陸した23歳だが、新天地でそのポテンシャルを存分に発揮することはできておらず、ここまではほぼノーインパクトに終わっている。また、ジョゼ・モウリーニョ氏の指揮官就任後には、新監督から名指しで批判されたこともあり、バルセロナなどへの移籍の噂も上がっている。

 しかし、クラブは今夏にエンドンベレを手放すつもりはないようだ。イギリスのロックダウン後にモウリーニョ監督と公園で1対1でのトレーニングをしているところを激写された同選手だが、これは指揮官からの期待の表れであると考えられており、移籍の可能性は低いとみられている。23歳のダイナモは、熱血指揮官のもとで再びリヨン時代の輝きを取り戻せるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA