FOLLOW US

ベッカム氏がレアルに移籍した理由とは? ギグス氏「当時のマンUでは…」

ギグス氏がベッカム氏についてコメントした [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uで活躍したライアン・ギグス氏が、デイヴィッド・ベッカム氏についてコメントした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 マンチェスター・U一筋で13回のプレミアリーグ優勝を経験し、同クラブの歴代最多出場記録を持つギグス氏。1992年から2003年にベッカム氏がレアル・マドリードへ移籍するまで、ともにサー・アレックス・ファーガソンが率いる“レッド・デビルズ”でプレーした。

 ギグス氏は『BeIN Sports』に出演し、「当時のマンチェスター・Uでは、ほとんどの選手がフットボール的な理由からクラブを去った」とファーガソン氏とベッカム氏が話し合い、移籍に至ったと明かした。

「それはもう毎週のように主張がなされたよ。そして、両者が前進する時が来た。当時はフットボールの理由からだ。誰かを加えるとか、選手が影響力を失うとかね」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO