FOLLOW US

英国人の意識の低さを嘆くフォルナルス「ハイヒールで走る人や握手する人が」

ウェストハムでプレーするフォルナルス [写真]=Getty Images

 ウェストハムのスペイン人MFパブロ・フォルナルスがインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が11日に伝えている。

 フォルナルスはロンドンの人々の新型コロナウイルスへの対応に苦言を呈し、「ロンドンでは、ハイヒールやドレスシューズで走る人がいる。あってはならないことだけど、人々は握手をして腕を組んだりする。スペインで人々が経験していることに関して少し遅れているように感じる」と母国スペインとの違いを述べた。自身は「スポーツや基本的なニーズのために外に出ることはできる。午前中に出かけることもあるが、問題を起こさないように細心の注意を払っている」という。

 また昨夏にビジャレアルからウェストハムへ移籍したフォルナルスは初の国外でのプレーを経験している。イングランドでのプレーについて「ここではサッカーは別の方法で経験されている。ウェストハムの人々はチームに非常に愛着があって、彼らはそれを示している。本拠地でも敵地でもプレーするのは印象的だ。すべてのチームが1000人や2000人、または3000人の人々をスタジアムへ連れて行く。最初はあまりプレーしていなかったけど、今では連続してプレー出来、物事はうまくいき始めていたように思う」と述べている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO