FOLLOW US

外出制限を破ったアストン・ヴィラ主将が謝罪「愚かにも誘いに乗ってしまった」

アストン・ヴィラの主将グリーリッシュ [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラに所属するイングランド人FWジャック・グリーリッシュが30日、自身のツイッターで外出制限令を破ったことを謝罪した。

 イギリスでは新型コロナウイルス感染拡大の影響で23日に外出制限命令が出された。イギリス紙『デイリーメール』によると、アストン・ヴィラの主将を務めるグリーリッシュは28日に自宅待機を呼びかけるツイートをしていたが、自身は夜通しパーティーに参加して翌29日の朝に交通事故を起こしていた模様。事故現場にいる同選手の写真がSNS上にあがり、さらに警察が来る前に自身の詳細だけ残してその場を去っていたため、物議を醸していた。

 グリーリッシュは一夜明けた30日、自身のツイッターに動画を投稿。外出制限が出ているにもかかわらず、友人宅へ遊びに行ったことを認めて謝罪した。

「週末に起きたことを僕がどれだけ恥じているか伝えるためにビデオメッセージを送りたい。みんなにとって、ずっと家の中にいなければいけないタフな時期だと分かっている。僕は友達から家に来るように連絡を受けて、愚かなことに誘いに乗ってしまった」

「僕がしたような間違いを起こしてほしくないし、僕らに求められているルールや指示に従ってちゃんと家にいてほしい。僕もすぐそうするつもりだし、みんなにも同じようにしてほしい。みんなが僕の謝罪を受けて入れてくれて、気持ちを切り替えてくれることを願っている。そして近い将来、全てが収拾したら、みんながまた外出を楽しめたらいいと思う」

 アストン・ヴィラも同日にクラブ公式サイトを通じて、「我々の選手の1人が、政府の外出制限のガイダンスを無視したことに深く失望している」との声明を発表。「クラブのキャプテンであるジャック・グリーリッシュは、外出の判断が間違いで、まったく必要のないものだったことを認めました」と伝えた。また、同選手には懲戒処分と罰金が科され、罰金は地元病院のチャリティに寄付されるという。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA