FOLLOW US

CL敗退後、南野のフラストレーションが増加?「僕はもう若くない」

リヴァプールでの現状を語った南野 [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属する日本代表FW南野拓実が、フラストレーションを溜めているようだ。13日に、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 現在25歳の南野は、2020年1月1日にリヴァプールへと加入。1月に行われたFAカップ3回戦・エヴァートン戦でデビューを果たした。しかし、以降はなかなか十分な出場機会に恵まれず、トップクラブの厚い壁に阻まれている。

 南野は、11日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16セカンドレグ・アトレティコ・マドリード戦にも出場。だが、チームがギリギリの戦いを続けるなか、南野に出番が訪れたのは延長後半の113分だった。2-3(2戦合計スコア2-4)で敗れたチームに貢献するには、あまりに時間が短かった。

 アトレティコ戦後、南野は自身の気持ちを率直に語った。

「僕にとって、今日の試合が良い経験だったとは言えません。僕はもう若くない。何かを生み出したかった」

「ノックアウトステージは、グループステージとは大きく異なります。クオリティ、強度、戦術、全てにおいてです」

「プレミアリーグ優勝に貢献したいです」

 なお、今回の報道では、南野がユルゲン・クロップ監督の戦術下で我慢を強いられていることについて、フラストレーションを溜めていることを示唆している。CLでの挑戦権を絶たれたなかで、南野はプレミアリーグ優勝に貢献するような結果を残すことができるだろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA