FOLLOW US

マンC対アーセナル戦が新型コロナの影響で延期に…プレミアでは初の事例

マンC対アーセナル戦が延期となった [写真]=Getty Images

 プレミアリーグは11日、同日に行われる予定だったプレミアリーグ第28節延期分マンチェスター・C対アーセナル戦が延期となることを公式サイトで発表した。代替日は未定となっている。

 今回の延期は、オリンピアコス(ギリシャ)とノッティンガム・フォレスト(イングランド2部)のオーナーであるエヴァンゲロス・マリナキス氏が新型コロナウイルスに感染したことを受けてのものだ。同氏は、先月27日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦・セカンドレグのアーセナル対オリンピアコス戦を現地で観戦。その際、同氏は多くのアーセナルの選手やスタッフと会っていたようだ。 

 イギリス政府は新型コロナウイルスに関するガイドラインで、ウイルスに感染した人と密接に接触した場合、最後に接触した日から14日間の自宅での自主的な隔離を推奨している。そのため、同ガイドラインを「厳守している」アーセナルはマンチェスター・C戦に選手を起用できないため、両クラブとプレミアリーグが合意した上で試合の延期が決定した。

 プレミアリーグで新型コロナウイルスの影響で試合が延期されるのは、同試合が初となる。なお、プレミアリーグは「必要なすべての措置を講じている」ため、現時点で他の試合を延期する予定はないことを併せて発表している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA