FOLLOW US

エヴァートン、武藤同僚のフランス人FW獲得を検討…移籍金は35億円以上か

エヴァートンが興味を示すアラン・サン・マクシマン[写真]= Getty Images

 エヴァートンはニューカッスルに所属するフランス人FWアラン・サン・マクシマンの獲得を検討しているという。8日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 エヴァートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督はマクシマンに強い興味を抱いており、同選手の視察を目的としてスカウトを派遣したとのこと。

 昨夏、ニースからニューカッスルに加入したマクシマンは今シーズンこれまで公式戦21試合出場3得点4アシストを記録。高いパフォーマンスを披露しており、多くのクラブがマクシマンの動向に注目しているという。エヴァートンのほか、クリスタル・パレスも同選手の獲得を検討していると同紙は報じている。

 ニューカッスルはマクシマンの放出に関して、最低でも3000万ユーロ(約35億円)を要求すると見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA