FOLLOW US

マンC、今夏FWアグエロ放出を容認の構え…FFP違反の影響

マンチェスター・Cに所属するFWセルヒオ・アグエロ[写真]= Getty Images

 マンチェスター・Cは同クラブに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの放出を容認する構えだという。7日のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 マンチェスター・CはFFP違反により、来シーズンから2年間チャンピオンズリーグなどUEFA主催大会への出場禁止処分が下される可能性にある。現在31歳のアグエロにとって、今後2年間チャンピオンズリーグへの出場が叶わないことは望ましくないとのこと。マンチェスター・Cとアグエロは来シーズンまで契約を結んでいるが、今夏に退団する可能性があると同紙は報じている。

 アグエロはマンチェスター・Cに9年間在籍し、プレミアリーグを制すなど多大なる貢献をしてきた。マンチェスター・Cはそんなアグエロの意思を尊重し、本人が退団を望んだ場合、退団を容認すると同紙は報じている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA