FOLLOW US

ドルトムント、16歳MFにクラブ史上最高額の移籍金42億円を投下へ

16歳のベリングハム [写真]=Getty Images

 ドルトムントがバーミンガム(イングランド2部)のUー17イングランド代表MFジュード・ベリングハムの獲得に興味を示しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が3日に伝えている。

 イングランド代表FWジェイドン・サンチョを皮切りに、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど若手逸材の獲得を続けるドルトムントの新たなターゲットがベリングハムとなった模様。同選手を巡ってはリヴァプールやマンチェスター・Cなどイングランド国内のクラブも獲得を狙っているが、ドルトムントがより有利な立場にいるようだ。なおドルトムントは移籍金としてクラブ史上最高額となる3500万ユーロ(約42億円)を支払う準備が出来ているという。

 2003年生まれで16歳のベリングハムだが、昨年8月にトップチームデビューを飾るとスタメンに定着してリーグ戦でここまで31試合に出場、4得点を記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO