FOLLOW US

監督の師弟対決はランパードに軍配…チェルシーが両エース欠くトッテナムを下す

本拠地でトッテナムを下したチェルシー [写真]=Getty Images

 22日、プレミアリーグ第27節が行われ、チェルシーとトッテナムが対戦した。

 ホームのチェルシーは前線に、今季出場機会の少ないFWオリヴィエ・ジルーらを起用。一方FWハリー・ケインやFWソン・フンミンをケガで欠くトッテナムは、新加入のFWステーフェン・ベルフワインを1トップに起用する5-4-1のシステムで試合をスタートした。

 試合が動いたのは15分。MFジョルジーニョのスルーパスに反応したジルーのシュートをGKウーゴ・ロリスがセーブすると、そのこぼれ球をMFロス・バークリーがダイレクトシュート。これがポストに直撃し、最後は跳ね返りを収めたジルーがハーフボレーでニアサイドに叩き込んだ。

 ベルフワインやFWルーカス・モウラのスピードを生かしたカウンターに活路を見出そうとするトッテナムだが、両チームにゴールは生まれず、前半はこのまま1-0で折り返すこととなる。

 すると後半開始早々の48分、チェルシーに貴重な追加点が生まれる。右サイドでの展開からパスを受けたDFマルコス・アロンソがペナルティーエリア外から左足を一閃。ダイレクトで放たれた一撃は、地を這うような弾道でゴールネットを揺らした。

 その後もM・アロンソの直接フリーキックがバーを叩くなどゴールに迫ったチェルシーだが、決定的な3点目を決めることはできず。逆にトッテナムは89分、左サイドを突破したMFエリック・ラメラが中央に折り返すとボールがDFアントニオ・リュディガーに当たり、これがゴールへと吸い込まれた。終盤に反撃の1点を奪ったアウェーチームだが、時すでに遅く、試合はリードを守り切ったチェルシーが勝利した。

 チェルシーのフランク・ランパード監督は、かつての恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督の率いるトッテナムを相手にリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めることとなった。チェルシーは次節、29日にアウェーでボーンマス戦を、トッテナムは3月1日にホームでウルヴァーハンプトン戦を迎える。

【スコア】
チェルシー 2-1 トッテナム

【得点者】
1-0 15分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)
2-0 48分 マルコス・アロンソ(チェルシー)
2-1 89分 オウンゴール(トッテナム)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA