FOLLOW US

DFハットンが現役引退を発表…トッテナムやヴィラなどでプレー

現役引退を発表したハットン(写真は2011年) [写真]=Getty Images

 元スコットランド代表DFアラン・ハットンが19日、現役引退を発表した。19日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が同国メディア『トーク・スポーツ』を引用して報じた。

 現在35歳のハットンは名門レンジャーズの下部組織出身で、2003年にトップ昇格を果たした。右サイドバックを本職としたハットンは2008年冬にトッテナムへ完全移籍を果たし、2011年夏からはアストン・ヴィラでプレー。ヴィラ時代はマジョルカなどへのレンタル移籍も経験した。同選手は昨夏、契約満了に伴い8年間在籍したヴィラを退団し、以降はフリートランスファーの状態が続いていた。

 ハットンはプレミアリーグで通算151試合に出場し、チャンピオンズリーグでは通算13試合に出場。トッテナム時代の2008年には、リーグ杯優勝を経験した。また、スコットランド代表としては50キャップを記録した。

 ハットンは現役引退に際し、次のようにコメントした。

「間違いなく、決断するのは難しかったよ。引退について考えるのに多くの時間を費やした。6〜7歳の頃から僕の人生の大半を占めていたからね。長い旅路だったけど、とても楽しむことができたと思う。素晴らしい瞬間もあれば、あまり良くない瞬間もあった。でも、それが僕に与えられた全てで、そのことには本当に感謝しているんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO