FOLLOW US

内紛疑惑&退団報道のメッシ、新天地候補はマンCが最有力か…バルセロナとの契約は来年夏まで

メッシの新天地候補にはグアルディオラ監督率いるマンCが挙がる [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同チームを退団した場合、新天地の第一候補にはマンチェスター・Cが挙げられるようだ。イギリスメディア『Manchester Evening News』が5日に報じている。

 メッシとバルセロナの契約は2021年の夏に満了することはバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長から明かされているが、現在エリック・アビダルSDとの内紛が報じられ、バルセロナ退団の可能性すら浮かび上がってきた。

 そのため、かつての恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督や、アルゼンチン代表でチームメイトであるFWセルヒオ・アグエロが所属するマンチェスター・Cがメッシへのオファーに踏み切る可能性があるようだ。

 ここ1年の間にバルセロナの退団報道が加速しているメッシは、果たして今後どのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA