FOLLOW US

最終日にマンUに加入したイガロが移籍劇を振り返る「クレイジーだった」

移籍劇を振り返ったイガロ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのナイジェリア代表FWオディオン・イガロが移籍を振り返った。2日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・Uは今冬の移籍市場最終日に上海申花からイガロを今シーズン末までの期限付きで獲得。同選手はウディネーゼやグラナダ、チェゼーナ、ワトフォードなどを渡り歩いた。

 同メディアのインタビューに応じたイガロはマンチェスター・Uへの移籍について次のようにコメントした。

「こどものころからマンチェスター・Uが好きだったから夢がかなったよ。でも現実となった。だから始まるまではこれ以上言うことはないね」

「移籍はクレイジーだった。まず、マンチェスター・Uに在籍できたことがうれしい。この機会を与えてくれた神、代理人、そしてスタッフに感謝したい。ここでチームと共に働き、シーズンを良い位置で終えたい。上海からマンチェスターへの道のりは遠かったよ。今日は休んで明日から仕事を始めよう」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA