FOLLOW US

トッテナムが獲得したオランダの万能ウイング…ベルフワインってどんな選手?

 トッテナムは29日、PSVからオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024-25シーズン終了時までの5年半で、推定移籍金は3000万ユーロ(約36億円)。2月2日に行われるプレミアリーグ第25節・マンチェスター・C戦でのデビューにも期待がかかる同選手だが、一体どんなプレーヤーなのか。イギリスメディア『talkSPORT』や『デイリーメール』の報道をもとに、ベルフワインについて知っておきたい7つの情報をまとめてみた。

1. 17歳でデビュー

 ベルフワインは1997年10月8日生まれの22歳。PSVでチームメイトだった堂安律(1998年6月16日生まれ)とは1歳違いだ。もともとアヤックスの下部組織に所属していたが、2011年にライバルクラブであるPSVへ移籍。するとリザーブチームで頭角を現し、2014年に17歳でトップチームデビューを飾った。2017-18シーズンにはエールディヴィジ32試合出場で8ゴール7アシストを記録し、優勝に貢献。今季からは背番号10を着用し、移籍決定前まで、チームで2番目に多い5ゴールに加え、リーグ3位の10アシストをマークしていた。

2. PSV史上3位の移籍金

 移籍情報サイト『transfermarkt』によると、今回の移籍金3000万ユーロ(約36億円)は、PSVに支払われた額としては史上3番目の高さになるという。ベルフワインの移籍金を上回るのは、昨年夏にナポリへ移籍したイルビング・ロサノ(3800万ユーロ/約46億円)と2015年夏にマンチェスター・Uに加入したメンフィス・デパイ(3400万ユーロ/約41億円)の2選手のみ。冬の移籍としてはクラブ史上最高額となる。

3. オランダの将来を担う逸材

U-17欧州選手権でプレーするベルフワイン [写真]=Getty Images


 ベルフワインは各年代別のオランダ代表でプレーした経験を持つ。2014年に出場したU-17欧州選手権では母国を準優勝に導いて、大会最優秀選手賞に選出。過去に、ウェイン・ルーニー(2002年)、セスク・ファブレガス(2004年)、トニ・クロース(2006年)らが手にした栄えある賞を受賞した。そして2018年10月にA代表デビューを飾ると、昨年はUEFAネイションズリーグ準優勝に貢献。マタイス・デ・リフト(ユヴェントス/20歳)やフレンキー・デ・ヨング(アヤックス/22歳)と共に、オランダ代表の将来を担う選手として注目を集めている。

4. 万能アタッカー

 左ウイングを主戦場とし、カットインから右足でシュートを放つプレーを得意とする。ただ、右サイドやトップ下にも対応できる万能性も備えており、デパイやマンチェスター・Cのラヒーム・スターリングと比較されている。最大の特長はドリブルで、スピードに乗った状態でも正確なボールコントロールを見せる。さらに170cm台と大柄ではないものの、当たり負けしない強さも持っており、DFにとっては対応の難しいアタッカーだ。

5. 高い得点関与数

 ベルフワインの万能さは数字にも表れている。データサイト『OPTA』によると、昨季から今年1月までに、ベルフワインはエールディヴィジで19ゴール22アシストを記録。ゴール数とアシスト数を合算した得点関与数は「41」にのぼる。同リーグでプレーする選手の中では、ドゥシャン・タディッチ(63/アヤックス)、ハキム・ツィエク(47/アヤックス)に次ぐ好記録であり、オランダ人としてはNo.1だ。ちなみに、堂安がPSV加入以降に挙げた2ゴールも、ベルフワインのアシストから生まれたもの。自らゴールを狙うだけでなく、味方の得点をお膳立てできるのは、大きな魅力だと言える。

6. 代表OBたちが絶賛

ベルフワインを絶賛したコクー氏(左)、ファン・デル・ファールト氏(右) [写真]=Getty Images


 オランダ代表の先輩たちも、ベルフワインへの賛辞を惜しまない。PSV時代の恩師である元オランダ代表MFフィリップ・コクー氏は、「彼にはとても大きなポテンシャルが備わっている」と絶賛。また、トッテナムOBでもある元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト氏も「間違いなく良い補強だ。彼のスピード、テクニック、力強さはチームにとって必ずプラスになる」とし、後輩の新天地での活躍に太鼓判を押している。

7. トッテナムでの起用法は?

 トッテナムでは、ハリー・ケインが負傷離脱中。右ウイングが本職のルーカス・モウラが最前線に入ってエースの穴を埋めている。そのため、ベルフワインは最も得意とする左ウイングでの起用が濃厚だ。今回が初の海外移籍となるが、トッテナムは年明け以降の公式戦7試合で2勝(3分け2敗)と調子が上がらない。チームを再び勢いづかせるためにも、22歳のアタッカーには救世主たる活躍が期待されている。

(記事/Footmedia)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO