FOLLOW US

モウリーニョ監督との衝突が原因? DFローズに退団の可能性が浮上

トッテナム退団が噂されるローズ [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズに今冬退団の可能性があるようだ。22日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在29歳のローズは2007年にトッテナムへ加入後、ワトフォードやサンダーランドへのレンタル移籍を経て、2013年に復帰した。昨夏には移籍が濃厚となり、プレシーズンには帯同しなかったが、交渉はまとまらず残留。今季はここまで公式戦16試合に出場している。

 昨年11月には「契約が満了するまでどこにも行くことはない」と2021年6月30日までとなっている現行契約満了までトッテナムに留まる考えを明かしていたローズ。しかし、今月18日に行われたプレミアリーグ第23節ワトフォード戦でメンバー外となると、練習場でジョゼ・モウリーニョ監督と衝突したことが報じられている。

 これにより、トッテナムは今冬のローズ放出を容認した模様で、レンタルでの退団ではなく、完全移籍での売却を望んでいるという。なお、同選手にはニューカッスルやワトフォードなどのクラブが関心を示しているようだが、果たして退団することになるのだろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA