FOLLOW US

マンU、ポグバが3〜4週間の離脱へ…指揮官が「別のケガ」を負ったと明かす

マンチェスター・Uに所属するポグバ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、同チームに所属するフランス代表MFポール・ポグバについて言及した。3日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 昨年12月にケガから約3ヶ月ぶりの復帰を果たし、2試合で途中出場を果たしたポグバ。しかし今月1月に行われたプレミアリーグ第21節アーセナル戦では、ベンチ入りすら叶わなかった。スールシャール監督によると、ポグバは足首にまた「別のケガ」を負ったようで、検査の結果手術を行うことになったようだ。同監督は以下のように語った。

「ポールは復帰のため、懸命に努力している。そしてピッチに立てば、我々の勝利のためにプレーしてくれるんだ。今は他の話をすることは難しいよ。彼の話は、ケガから戻ってきたときにするべきだと思うね」

 レアル・マドリードやユヴェントスへの移籍の噂が絶えないポグバがまたピッチに立つには、3〜4週間の時間を要すると伝えられている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA