FOLLOW US

ウェストハムがモイーズの指揮官就任を発表…「戻ってこれて誇りに思う」

ウェストハム指揮官に就任したモイーズ氏 [写真]=Getty Images

 ウェストハムは、デイヴィッド・モイーズ氏を新指揮官に招へいすることを発表した。29日、クラブ公式サイトで明かしている。

 ウェストハムは今季、開幕節のマンチェスター・C戦で5失点大敗するなど、第20節終了時点(1試合未消化)で5勝4分10敗。順位は17位と低迷し、28日のレスター戦後にマヌエル・ペジェグリーニ監督の解任が決まった。そしてその1日後、後任としてモイーズ氏を招へいすることを発表した。

 モイーズ氏がウェストハムの指揮官に就任するのはこれが2度目だ。1度目の就任は、2017年のこと。シーズン半ばで当時の指揮官スラベン・ビリッチ氏の後を継ぐも、そのシーズン終了後にはクラブを去っている。クラブがその後継として任命したのがペジェグリーニ氏だったが、成績不振により再びモイーズ氏が登板する形となった。

 かつてエヴァートンやマンチェスター・Uを率いた老将は、指揮官就任に際しこうコメントしている。

「ウェストハムに戻ってくることができて誇りに思っている。大事なのは、私にできること、改善すべきこと、そしてどのように選手たちと勝利をつかみ取るかを見つけることだ」

「私が前回就任した時よりも、今のほうが良いスカッドだと思う。だから、彼らと働くのが楽しみだね」

 モイーズ氏の初陣は、1月1日にホームで行われるプレミアリーグ第21節のボーンマス戦となる。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA