FOLLOW US

チェルシーファンを逮捕…ソン・フンミンへの人種差別的行為が原因

人種差別のターゲットにされたトッテナムのソン・フンミン [写真]=Getty Images

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンに対して、人種差別的行為を働いたチェルシーのファンが逮捕されたようだ。イギリス紙『ガーディアン』が23日に伝えている。

 トッテナムは22日にプレミアリーグ第18節でチェルシーと対戦。ソン・フンミンはチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの腹部を蹴ったことでレッドカードを受けて一発退場。この試合では、リュディガーが人種差別的な被害に遭ったことが報じられている。

 しかし、この試合ではソン・フンミンも人種差別的行為の被害に遭っていたようだ。今回の報道によると、チェルシーのファンがソン・フンミンに対して、人種差別的行為を働いたという。同選手は侮辱発言を聞いていないものの、別のチェルシーファンからの報告によって加害者は警察に逮捕されたようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO