FOLLOW US

リヴァプールがクラブW杯決勝進出!…フィルミーノ劇的決勝弾で北中米カリブ海王者を破る

 FIFAクラブワールドカップ準決勝が18日に行われ、北中米カリブ海王者のモンテレイ(メキシコ)と欧州王者のリヴァプール(イングランド)が対戦した。

 初のクラブW杯制覇を狙うリヴァプールは、守備の要であるDFフィルジル・ファン・ダイクが病欠となり、センターバックは主将のジョーダン・ヘンダーソンとジョー・ゴメスがコンビを組んだ。

 リヴァプールは12分、モハメド・サラーがペナルティエリア内へスルーパスを送ると、走り込んだナビ・ケイタが右足ダイレクトで流し込んで先制に成功した。しかし、モンテレイも14分、ヘスス・ガジャルドがエリア左からボレーを放つと、これはGKアリソンに阻まれたが、こぼれ球をロヘリオ・フネス・モリが押し込んで試合を振り出しに戻した。

 その後はお互いチャンスを作るが、両守護神の好守もあり、1-1のまま膠着状態が続く。試合が再び動いたのは後半アディショナルタイム1分。エリア右でキープしたサラーが落とし、トレント・アレクサンダー・アーノルドが絶妙なグラウンダーのクロスを送る。すると、GK前に飛び込んだロベルト・フィルミーノが流し込んで勝ち越しゴールを決めた。

 試合はこのままタイムアップ。勝利したリヴァプールは、21日に行われる決勝に進出し、南米王者のフラメンゴ(ブラジル)と対戦する。敗れたモンテレイは同日にアジア王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)との3位決定戦に臨む。

【スコア】
モンテレイ 1-2 リヴァプール

【得点者】
0-1 12分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)
1-1 14分 ロヘリオ・フネス・モリ(モンテレイ)
1-2 90+1分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA