FOLLOW US

トッテナム、モウリーニョの新監督就任を正式発表! 「メンバーとユースの質はとても魅力的」

モウリーニョがポチェッティーノの後を継いでトッテナムの新監督に就任した [写真]=Getty Images

 トッテナムは20日、ポルトガル人指揮官ジョゼ・モウリーニョ氏の新監督就任をクラブ公式サイトで発表した。契約期間は2022-23シーズン終了までとなっている。

 トッテナムは19日、成績不振を理由にマウリシオ・ポチェッティーノ元監督を解任。2014年5月にポチェッティーノ氏が就任して以降、トッテナムは着実にステップアップを遂げ、昨シーズンはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たした。しかし、今季のプレミアリーグでは第12節終了時点で3勝5分4敗の現在14位と苦しみ、CL出場圏内の4位マンチェスター・Cとの勝ち点差は「11」に開いている。

 新監督を務めるモウリーニョ氏は現在56歳。チェルシーやインテル、レアル・マドリードなど各国のビッグクラブを指揮し、2度のCL優勝や3度のプレミアリーグ制覇などを達成した。昨年12月のマンチェスター・U退団後はフリーの状態が続き、今シーズンからはイギリスメディア『スカイスポーツ』の解説者も担当していた同氏にとって、およそ1年ぶりの現場復帰となる。

 モウリーニョ氏はクラブ公式サイトを通じて、「偉大な遺産と情熱的なファンを持つクラブに加われてワクワクしている。メンバーとユースアカデミーの質は、とても興奮させられる。そのような選手と一緒にプレーできることはとても魅力的だった」とトッテナムに加入した理由を明かした。

 モウリーニョ新監督の初陣は、23日に行われるプレミアリーグ第13節ウェストハム戦(アウェイ)となる。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA