FOLLOW US

新天地で苦しむ19歳キーン…父もエヴァートン移籍を後悔「間違いだった」

エヴァートンで思うような成績を残せていないFWキーン [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属するイタリア代表FWモイーズ・キーンの父親が、息子の移籍について語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が16日に伝えている。

 キーンは2000年生まれの19歳。ユヴェントスの下部組織出身で、昨シーズンはセリエAで13試合出場6得点を記録するなどブレイクを果たした。

 今夏の移籍市場でキーンはエヴァートンに加入。しかし、プレミアリーグで未だ無得点と思うような成績を残せず。キーンの父であるジーン氏は、息子のプレミア移籍を後悔しているようだ。

「息子をイングランドに送ったのは間違いだった。彼はあまりに若すぎるので、エヴァートンで心地よく過ごせていない。私はこの移籍を気に入っていない」

「息子には、できるだけ早くイタリアに戻ってきてほしいと思っているよ。ローマに行ってほしいけど、ここに戻ってくることが重要だ」

「彼がプレーしているエヴァートンで、彼は落ち着いていない。あと数年は海外移籍を待つべきだったと思うよ」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA