FOLLOW US

マンU、今夏に続きさらなる守備陣強化へ…ライスとクリバリを注視

ウェストハムのライス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uはウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスとナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの獲得に興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が8日に伝えている。

 マンチェスター・Uはセルビア代表MFネマニャ・マティッチがベテランの域に差し掛かっており、ブラジル代表MFフレッジが期待を裏切り続けている中盤の底のポジションに不安を抱えている。そこで若く英国産のライスを獲得したい考えだ。ウェストハム側は2024年までの長期契約を締結しているライスに関して1億ポンド(約130億円)の移籍金を求めているようだ。

 また8000万ポンド(約105億円)という高額の移籍金を支払ってイングランド代表DFハリー・マグワイアを獲得したセンターバックのポジションにも強化を加えたいと考えているようで、過去に何度か噂されてきたクリバリの動向を注視している模様だ。

 今夏にもマグワイアとイングランド代表DFアーロン・ワン・ビッサカを獲得して守備陣強化を図ったマンチェスター・Uだが、さらなる動きを見せるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA