FOLLOW US

移籍の希望は叶わずも、クラブへの献身を強調するザハ「最初は上の空だったが…」

C・パレスへの献身を強調するザハ [写真]=Getty Images

 クリスタル・パレス所属のコートジボワール代表FWウィルフレード・ザハが、今夏移籍に失敗し残留となった、自身の心境について語った。8日、イギリス紙『BBC』が報じている。

 ザハは今夏、C・パレスからの移籍の希望を明かし、アーセナルやエヴァートンからの関心が度々報じられたものの、最終的には全てのオファーをクラブが拒否し、残留することとなった。開幕からプレミアリーグの全試合に出場するもいまだ無得点の26歳だが、失意はすでに乗り越えたようだ。

「(移籍失敗は)“オーケー。実現しなかったが、納得しよう”となるべきものだったんだ」

「僕は常に、自分がトッププレーヤーだと証明しようとしているのだから、それをすぐに乗り越えなければならなかった。だがシーズンの最初は、明らかに僕の心は上の空だった」

「僕はクリスタル・パレスの選手で、クラブのために自分の最高のプレーをしようとしているんだ。もう他のことは何も考えていないよ」

 クリスタル・パレスは次節、19日にプレミアリーグ第9節マンチェスター・C戦をホームで戦う。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA