FOLLOW US

マンU指揮官、ファンに忍耐を求める「今季が簡単なものになるとは一言も…」

結果だけではなく内容でも批判を浴びるスールシャール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、チームの現状を分析した。27日、イギリスメディア『BBC』が伝えた。

 近年不振に悩まされるマンチェスター・Uは、今季のプレミアリーグでもスタートダッシュに失敗。6試合を終えた段階で2勝2分2敗の8位となっており、30日に行われる第7節アーセナル戦の結果次第ではスールシャール監督が解任されるのではないかとも言われている。

 そんな中スールシャール監督は記者会見に出席し、チームの現状について次のように分析。負傷者の多さが不調の原因だと考えているようだ。

「今シーズンが簡単なものになるとは一度も言っていない。シーズンには良いときも悪いときもあるんだ。プレミアリーグではどんな試合にも勝つ可能性もあるが、同時にどんな試合にも負ける可能性があるんだ。紙一重の差なんだよ」

「アーロン・ワン・ビッサカとハリー・マグワイアの獲得に大金を費やしたことで、守備面は改善された。私たちが悩まされているのは、前線に負傷者が多いことだ。ポール・ポグバやアントニー・マルシャル、マーカス・ラッシュフォード…。その点、私たちは不運だった。彼らは試合勘を取り戻す必要がある」

 また同監督は解任の噂を完全否定。ファンに応援の継続を求め、チームを復調させることを誓った。

「ファンの応援は素晴らしい。彼らが支え続けてくれたことで、苦しい時期にいる私たちはここ数試合で結果を残した」

「報道されていることには心配していないよ。私たちがやるべきなのは『改善を続ける』こと。私たちはそれだけに集中している」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO