FOLLOW US

ベッカム氏が代理人業界に進出か…マンU生え抜きの17歳FWも顧客に?

幅広い分野で活躍するベッカム氏 [写真]=Getty Images

 1990年代から2000年代前半にかけてマンチェスター・Uで活躍した元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、代理人業界へと進出するようだ。26日、イギリス紙『ミラー』が報じた。

 2013年の現役引退後に様々なビジネスを展開するベッカム氏は、6月に設立した有限会社『フットワーク・マネージメント』を通じて代理人業界に進出するという。ベッカム氏は代理人のライセンスを所持していないものの、同氏の友人で同社の取締役を務めるデイヴ・ガードナー氏は、FA(イングランドサッカー協会)の認可を受けた代理人だ。

 ベッカム氏はすでに活動を始めている模様だ。17日、ノッティンガム・フォレスト(英2部)のU-21ウェールズ代表ブレナン・ジョンソンがInstagramを更新し、ベッカム氏とのツーショットを公開。その1週間後の23日、ノッティンガムは同選手との契約延長を発表した。

View this post on Instagram

Nice day today in London 🙌🏽

A post shared by Brennan Johnson (@brenjohnson_) on

 ベッカム氏は少数の顧客を抱えることを目指しており、マンチェスター・Uに所属するU-21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドも顧客候補の1人としている。“赤い悪魔”の将来を担う逸材は、クラブのレジェンドによるプロデュースでその価値を高めることになるのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO