FOLLOW US

プレシーズンツアー帯同拒否のコシェルニー、レンヌ移籍で個人合意か

レンヌと個人合意に至ったというコシェルニー [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属する元フランス代表DFローラン・コシェルニーが、レンヌへの移籍で個人合意に達したようだ。イギリス紙『デイリーメール』が21日に伝えている。

 コシェルニーは今夏、チャンピオンズリーグ出場を逃したことによる移籍予算の制限や補強プランの変更などからクラブの将来を不安視し、母国への復帰を希望。アーセナルに契約解除を求めたものの、要求は却下され、最終的にコシェルニーはアメリカで行われるプレシーズンツアーへの帯同を拒否していた。

 コシェルニーに対してはボルドー、リヨンといった母国クラブも獲得に乗り出していたが、最終的に同選手はレンヌ入りを決めたという。とはいえ、アーセナルとの問題が解決していない以上、現時点で移籍が正式に成立することはないだろう。コシェルニーは再度フリートランスファーでの移籍をクラブに要求すると見られているが、果たしてアーセナルは同選手の条件を飲むこととなるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA