FOLLOW US

マンU、ポグバの売却を望まず…レアル行きには移籍金約220億円が必要か

レアル・マドリードはポグバの獲得を希望している [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uはフランス代表MFポール・ポグバの売却を拒否している。10日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 ポグバは今夏の移籍市場でマンチェスター・U退団が噂されており、一時期はユヴェントス復帰が決定的とも伝えられていた。しかし、レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が同選手の獲得を最優先していることから、スペイン移籍が濃厚だという。

 一方、マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督はポグバの売却を断固拒否。残留を強く望んでいるだけでなく、同選手の能力に匹敵する後釜の獲得も困難と考えており、売却には応じない模様だ。

 そんな中、適切なオファーがあった場合はマンチェスター・Uも売却を検討するという。同クラブはレアル・マドリードに対して移籍金1億8000万ユーロ(約220億円)を要求しており、その額が支払われるのであれば移籍を承諾するようだ。果たしてポグバは今夏にスペイン発上陸となるのであろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA