FOLLOW US

マンUは今夏のセンターバック獲得を見送り? 今週末に補強方針を決定へ

来季もリンデロフ(左)ら既存のCBを起用すると見られるスールシャール監督(右) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uが今夏の移籍市場でセンターバックの補強を行わない可能性があるようだ。25日、イギリス紙『マンチェスター・イヴニング・ニュース』が報じた。

 過去40年で最悪の失点数「54」を記録して2018-19シーズンを6位で終えたマンチェスター・Uは、今夏に一線級のセンターバック獲得を目指すとされており、これまでに、セネガル代表カリドゥ・クリバリナポリ)やオランダ代表マタイス・デ・リフトアヤックス)、イングランド代表ハリー・マグワイアレスター)らへの関心が噂されてきた。

 しかし、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、右サイドバックとMFの補強を優先させる模様で、センターバックを深刻な問題とは捉えていない模様だ。
 
 同監督は今季を戦った5名(フィル・ジョーンズクリス・スモーリングヴィクトル・リンデロフエリック・バイリーマルコス・ロホ)に、アストン・ヴィラでの武者修行を終えたアクセル・トゥアンゼベを加えた計6名のセンターバックをプレシーズンで試して、来季のスカッドを決めるつもりだという。

 そのため、同クラブは今週末に、今夏の移籍市場でセンターバックを獲得するかどうかについての最終的な結論を下すようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA