FOLLOW US

人員整理を進めるバルサ、2選手がバレンシア移籍に近づくも高給が障害に

移籍先と交渉が続くラフィーニャ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するブラジル人MFラフィーニャ、スペイン代表MFデニス・スアレスが、バレンシア加入に近づいているようだ。21日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナは、人員整理を進めていると見られており、オランダ人GKヤスパー・シレッセンバレンシアへ、ポルトガル人MFアンドレ・ゴメスエヴァートンへとローンでの移籍が決まっていると報じられている。

 残る放出候補は、ラフィーニャと、D・スアレスがあげられており、移籍先の候補としてバレンシアが浮上しているようだ。

 両クラブとも移籍に対しては前向きに話し合いを進めているようだが、ラフィーニャとD・スアレスの給与がネックにいなっていると見られている。同紙によると、現在バレンシアで最も高い給料は300万ユーロ(約3億6600万円)であり、ラフィーニャの現在の給料はそれを上回る金額を得ているため、クラブのバランスが崩れることを恐れているという。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA