FOLLOW US

“サッリの一番弟子”はチェルシー残留か…その理由はピアニッチ?

師匠サッリを追ってのユヴェントス移籍が噂されるジョルジーニョ [写真]=Getty Images

 ユヴェントス移籍が噂されるイタリア代表MFジョルジーニョチェルシーに残留することになりそうだ。20日、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 27歳のジョルジーニョは昨夏にサッリ監督の後を追うようにしてナポリからチェルシーに移籍。同クラブでは“サッリズム”を体現する存在として1年目から同クラブのキーパーソンになり、プレミアリーグ37試合の出場で同リーグの統計開始史上最多となる3118本のシーズン通算パス本数を記録した。

 ユヴェントスの新監督に就任したサッリ監督は、今夏もジョルジーニョの獲得を希望しているのではないかと見られていたが、同監督は新天地での同選手の代役に、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチを据えることになる模様だ。

 また、チェルシーも1年間の補強禁止処分が撤回されない限り、主力の流出は絶対に阻止しなければならないため、契約を4年残すジョルジーニョは来季もスタンフォード・ブリッジでプレーする公算が高そうだ。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA